写真ブログ :「今日の一枚」一覧リンク

韓国の寺院などで見られる独特の装飾「丹青(タンチョン)」。その色使いにも理由があります。基本的には五行思想に基づいて、青、赤、黄、黒、白の五色を基本色として配合し使用していました。加えて、丹青には4段階の装飾方法があり、建物自体の重要度によって色使いや描き方が派手になっていったといいます。また地方的な特色もあり、韓国の南の地方に行くほど、赤などの派手な色合いが多く使われていたそうです。

建設当時は絵の具というのが無く天然の顔料を使っていました。例えば黒は松脂(松ヤニ)を燃やして黒くなったものを使用していて、緑の場合は韓国の南の地方でのみ採掘できる緑の岩石があり、それを原料にしていたそうです。他に白は貝殻を粉にして使っていたと伝えられています。

(上記は韓国人のプロ翻訳家である友人の協力により記載しました)

、、、それでは皆様、今日も一日お疲れさまでした ^ – ^


【済州牧官衙】 丹青 韓国独特の装飾 【韓国済州島】

おすすめ関連記事

韓国済州島のブログ一覧はこちらです

参照リンク  丹青(タンチョン)韓国語サイト
丹青(タンチョン)仏殿を飾る華やかな色彩と絵 韓国語サイト

<↑他の歴史や地域の参考本などの別検索もできます>


<観光用地図>

グーグルマップへ(別ページ)
撮影地:韓国済州島  写真撮影:小林直行


ダウンロードサイト 小林直行写真素材の販売サイト。料金的にもオススメです。

写真事務所マザーズクリエイティブ撮影実績プロフィールよくある質問お問い合わせ
オフィシャル公式撮影各種メディア取材ダウンロード
ドキュメンタリーポートレート人物写真イタリア写真
沖縄写真ベトナム写真韓国写真
ニューヨーク写真中国写真今日の一枚写真ブログ

サイトトップページへ

写真ブログ :「今日の一枚」一覧リンク