「クリエイティブの種」
(写真ブログ 「今日の一枚」一覧へ)


北海道  小樽市


歴史的建造物が美しい小樽の街。

小樽オルゴール堂 小林直行

小樽オルゴール堂

街には雰囲気がある素敵な場所がたくさんありますが、その中でもメインスポットはやはり小樽運河です。トップ写真のライトアップされた小樽運河の雰囲気は、イタリアベネチアのような日本とは思えない情緒に溢れています。

ちなみに薄暮の小樽運河も雰囲気があっていい感じ。↓

小樽運河2-小林直行


ガス灯


小樽運河には散策路に63基と言われるガス灯があります。ガス灯と小樽の街並みや運河、本当によく似合います。

ガス灯と歴史的建造物、ノスタルジックな雰囲気をより一層感じさせてくれます。

小樽運河4-小林直行
小樽運河3-小林直行


観光にベストな時間は?


昼間の小樽運河も十分綺麗ですが(昼間に運河クルーズをした写真もあるので後日に)、やっぱり観光だと人気のある夜の雰囲気を見てみたいもの。

そうなるとガス灯が灯る時間+周辺が暗くなって夜の雰囲気になる時間に訪ねるのがベストですよね。プロカメラマンらしく、ちょっとしたコツも交えてお伝えします。


1)ガス灯が灯る時間


小樽運河のガス灯、一体何時にライトアップされるのでしょう?
下記の小樽市の公式サイトに月毎に書いてあるので参考になります。(重要な情報を著作権上問題ない範囲で引用)

————————

小樽運河〜歴史的建造物などへのライトアップ(小樽市公式サイト)

小樽運河7-小林直行

小樽市の公式サイトより引用

————————

なるほど。。。が、しかしなんですね。点灯時間は6月〜8月は18時なので分かりやすいですが、それ時期以外は「日没」となっています。

つまり点灯時間は自動センサーなわけです。だからはっきりとした時間が分からないということになります。

では解決する、分かりやすい方法です。

「現地の観光案内所でおおよその時間を聞いてみる」

もう、つまり、この通りです。(もちろんアプリなどで調べてもいいんですけども)

小樽運河の一番見晴らしが良い場所は「浅草橋」というところですが、そこにちょうど観光案内所があるんですね。その案内所で聞いてみるのが、ベストかなと思います。下に地図も貼っておきます。

☆一応、日の出日没アプリのリンクも張っておきますね。

http://android.app-liv.jp/news/forecasts/2730/ アンドロイド用

http://app-liv.jp/news/forecasts/2730/ iphone用


a) 浅草橋へ行きましょう


上記にも書きましたが、小樽運河の夜景スポットのメインは運河に沿って南側にある浅草橋です。ポストカードやポスターなんかも景色の抜けがよいので、ほぼここからの写真を使っています。


<観光用地図>

グーグルマップへ(別ページ)
location :Otaru, Hokkaido, JAPAN   写真撮影:小林直行

 

で、この橋のたもとにある観光案内所で「今日何時くらいにガス灯はつきますか?」と聞く、ということ。これが一番だと思います。地元の人ですから。だいたい今日は17時半位かなあとか教えてくれると思います。

ちなみに自分のときは、親切な年配の女性で、「そうだねえ、、、だいたい今日は18時くらいかなあ」なんて感じで普通に教えてくました。

———————

ではでは、小樽運河観光のコツをまとめますと、、、

1)JR小樽駅に到着

2)ひとまず小樽運河の浅草橋を目指す(JR小樽駅から海の方へ歩く。運河に来たら右折、運河沿いにそのまままっすぐで浅草橋です。簡単。たぶん歩いている人が他にもいると思います。駅からは徒歩で20分くらい)

3)浅草橋の観光案内所でガス灯の点灯時間を聞く。ついでにその近くで昼間の写真を撮る。ランチも。

4)小樽の素敵な街を散策(2時間から3時間で観光のメイン通り「堺町通り」も楽しめます。昼間に運河クルーズへ乗っても。船頭さん(案内スタッフ)の話は歴史が感じれて楽しいですよ。おすすめ)

5)夕方〜夜に浅草橋へ戻ってきて、夜景を楽しむ。

6)美味しい夕食
———————

という行程だと思います。


2)夜の雰囲気の写真を撮る


せっかくだから小樽運河のきれいな夜景を写真に撮っておきたいですよね(ちなみに私の同行者はスマホで撮っていましたが綺麗に撮れていました)。

下は私の写真ですが(一眼カメラ)、、こんな感じとか、、、

小樽運河5-小林直行
船のある雰囲気とか、、、

小樽運河1-小林直行

 

小樽運河、素敵ですね。うん。写真もなかなかいい感じ。

では、どうやったらこう撮れるかなあということなんですが、上の写真の空の明るさに注目して下さい。

いわゆる「真っ暗」じゃないですよね。少し空の雰囲気が分かると思います。これが大事。夜景の写真は夜遅くに撮ると、空が暗すぎて雰囲気がなくなってきてしまいます

ですので、夜景撮影のコツですが、

夜景は日没直後の空がだんだん暗くなって来た時、そして空が暗く青みがかってきた時(マジックアワー)に撮るということです。

完全に夜になった時間よりも、周辺も少し明るさが残っていますし、綺麗に撮れると思います。

「マジックアワー」〜日没や日の出の一番写真が綺麗に撮れる時間帯

この言葉、写真好きな方なら覚えておいて損はないですよ(^^)

ではでは最後に、浅草橋の反対方向からの写真も一枚。帰り際なんで、だいぶ夜の雰囲気になりましたね♪

 

 

ちなみに同行者のスマホ写真↓。雰囲気良く撮れてますね ♪

思い出写真としては十分上出来!スマホでもこんな雰囲気で撮れるといいですよね(^o^)

 

小樽運河 スマホ

 

小樽運河、小樽の街、本当に素敵でした。

色々な場所に行きましたが、個人的に大好きな街の一つです。

、、、それでは皆様、今日も良い一日を  ^ – ^

おすすめ関連記事   “日本各地”

日本各地の関連記事一覧はこちらです

参照リンク  小樽市公式サイト-小樽運河


ダウンロードサイト 小林直行写真素材の販売サイト。料金的にもオススメです。

写真事務所マザーズクリエイティブ撮影実績プロフィールよくある質問お問い合わせ
オフィシャル公式撮影各種メディア取材ダウンロード
ドキュメンタリーポートレート人物写真イタリア写真
沖縄写真ベトナム写真韓国写真
ニューヨーク写真中国写真今日の一枚写真ブログ

サイトトップページへ

「クリエイティブの種」
(写真ブログ 「今日の一枚」一覧へ)