【中国伝統芸能】四川棒遣い人形劇【歴史都市の成都にて】


「クリエイティブの種」
(写真ブログ 「今日の一枚」一覧リンク)


四川棒遣い人形劇


四川省成都を撮影で訪れた際に伝統芸能の一つである棒使い人形劇を現地の方が披露してくれました。棒使い人形劇は、中国国内で糸あやつり人形劇や指遣い人形劇などと並ぶ代表的な人形劇の一つです。中国では広く愛されており、各地の伝統や地方劇の演目なども取り入れてられています。ちなみに四川省では「川劇」(せんげき・変面劇)がよく知られていますが、川劇の要素を取り入れた人形劇もあったりします。


布袋劇  (プータイシー、ほていげき) 


その他にも中国の人形劇は幅が広くいろいろな種類がありますが、布袋劇をご存知の方もいるかもしれません。布袋劇は中国や台湾の民間芸能の一つで、起源は17世紀中国の福建省に遡ると言われています。私のような映画好きの方なら台湾の世界的映画監督である侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の『戯夢人生』(1993年台湾映画)を思い浮かべる方もいるかもしれません。人形芝居・布袋戯の国宝的名手でもある李天祿 (リー・ティエンルー)さんの半生を描いた映画です。

ちなみに私は侯孝賢監督の作品が学生時代から大大大好き(×100倍くらい)なので、『戯夢人生』という映画は自分のバイブル的作品でもあったりします。


国際人形劇フェスティバル


4年に1回のペースで世界各地で開催されている国際人形劇フェスティバルというイベントもあります。世界人形劇連盟(UNIMA)が開催する国際的なイベントで2012年には四川省成都で開催されました。日本では1988年に名古屋や東京で開催され、2016年はスペインで開催されました。このフェスティバルでは全世界から人形劇関係者や一般観客が集まり劇場や路上でパフォーマンスを繰り広げたり、人形劇に関する様々なイベントが開催されるそうです。2016年は日本では現代影絵の専門劇団である「劇団かかし座」さんが参加したそうです。

人形劇は普段の生活の中でいつも触れ合うものとは違うかもしれませんが、歴史や伝統を守っている方がいて、今日は中国中心の紹介になりましたが、とてもおしゃれな劇である気もしますし日本でも残していきたい大切な文化の一つですよね。

、、、それでは皆様、今日も一日お疲れさまでした ^ – ^

おすすめ関連記事

中国成都の関連記事一覧はこちらです

ベトナムホーチミンのロンヴァン水上人形劇の写真はこちらです

 参照リンク 四川棒遣い人形劇 布袋劇wiki 世界歴史都市連盟wiki


<観光用地図>
グーグルマップへ(別ページ)
Location :Chengdu, Sichuan, China


ダウンロードサイト 小林直行写真素材の販売サイト。料金的にもオススメです。

写真事務所マザーズクリエイティブ撮影実績プロフィールよくある質問お問い合わせ
オフィシャル公式撮影各種メディア取材ダウンロード
ドキュメンタリーポートレート人物写真イタリア写真
沖縄写真ベトナム写真韓国写真
ニューヨーク写真中国写真今日の一枚写真ブログ

サイトトップページへ

「クリエイティブの種」
(写真ブログ 「今日の一枚」一覧リンク)





← 過去の投稿へ

次の投稿へ →